新人研修2022 No.8

こんにちは、タカハシです。 毎日学ぶことが多く、1週間がとても短く感じます。 本日は午前中に訪問時のマナーや電話対応について学びました。 「1分くらい大丈夫でしょ」と思わないことがとても大切であると再認識できました。 自分が大丈夫だと思っているその1分で、信頼を一瞬にして失う可能性があります。 ですので、早めの行動を心がけようと思いました。 電話対応では社内電話を使用し、実際に通…

続きを読む

新人研修2022 No.7

こんにちは、オジマです。 本日の午前は、ビジネス文書について教えていただきました。 送付状・アンケートのお願い・詫び状など、 様々な場面でのビジネス文書を作成して、研修担当者にチェックしていただきました。 ビジネス文書はこれから書く機会も増えていくので、 色々な例を見て、自分の引き出しを増やしていきたいです。 午後は、昨日に引き続きフローチャートについて勉強しました。 新し…

続きを読む

新人研修2022 No.6

こんにちは、イトウです。 本日は社内研修です。 午前中はフローチャートを勉強しました。 入社して初めてプログラミング関係の研修が始まり、いままでインプットが 多かった研修もアウトプットが増えて頭を使うことが増えました。 初めて書くフローチャートに悪戦苦闘しながらも研修を進めております。 午後はフローチャートとビジネス文書の書き方について学びました。 フローチャートの内容は午…

続きを読む

新人研修2022 No.5

こんにちは、タケダです。 本日の午前は、ビジネスマナーと昨日のアルゴリズム概要の続きを学習しました。 今日のビジネスマナーでは主にメールの書き方について学びました。 正しいメールの書き方を、実際にメールを送信することで覚えていきました。 今後も使用頻度の高いツールですので、しっかりと復習をして身に着けていきます。   本日の午後は、フローチャートの研修を受けました。 昨日はアル…

続きを読む

新人研修2022 No.4

こんにちは、タカハシです。 先日は外部の新入社員研修会に参加しました。 ビジネスマナーを中心にグループ内での話し合い、 発表を交えながら勉強しました。 本日の午前中はビジネスマナーについて学びました。 ビジネスメールや封書の書き方など知らないことがたくさんあり、 今後は必要不可欠になると思うので、今のうちに基礎力をつけたいと思います。 午後はアルゴリズムの概要を学びまし…

続きを読む

新人研修2022 No.3

こんにちは、オジマです。 本日は一日中ビジネスマナーについて学びました。 午前は、どのような人が必要とされるかについて教えていただきました。 「人財・人材・人在・人罪」の違いについて学び、 人財は「必要とされる人」 人材は「チームを担う人」 人在は「いるだけ・言われたことだけをやる人」 人罪は「足を引っ張る人」 という感じです。 人財や人材となる人は相手本位で一生懸命に…

続きを読む

新人研修2022 No.2

こんにちは、イトウです。 本日は研修3日目です。 本日の午前は、経営理念やビジネスマナーについて学びました。 経営理念は会社で働くにあたって覚えておかなければならない考え方です。 私たち新入社員は、経営理念を心に持って一生懸命新人研修を受けていきたいと思います。 また、ビジネスマナーは社会人として必要不可欠なことです。 先月まで大学生だった私たち新入社員にとって、腰から折るという…

続きを読む

新人研修2022 No.1

こんにちは、タケダです。 本日の午前は、外部の新入社員合同研修会に参加しました。 研修会の第1部は「新社会人に必要なこと」がテーマの講義で、 社会に出てから気を付けたいことや、新入社員のうちにやっておきたいことを学びました。 研修会の第2部は「職場生活の具体的な在り方」がテーマの講義で、 主に社会人のマナーや所作を中心に学びました。 お辞儀や名刺交換などの練習を実際に行うことで社…

続きを読む

新人研修 2021 No.48

こんにちは、カザマです。 新人研修最終日です。本日はjava演習の成果報告会を行いました。 リハーサルで受けたアドバイスをもとに改善を加え、本番に臨みました。本番では持ち時間の10分を少し超えてしまいましたが、発表を通じて伝えたい内容を伝えられたと感じています。今回の研修を通して成長を実感できました。 明日からは配属先でのOJTが始まります。研修で学んだことを糧にこれから先も力…

続きを読む

新人研修 2021 No.47

こんにちは、ナカムラです。 本日は、成果物発表会の資料作成を行いました。 今回の発表会における持ち時間は1人10分です。その時間内でいかに伝えたいことを話せるかが重要になります。 今日はプレ発表も行いましたが、10分に収まりませんでした。自分の成果物を理解してもらうための要点の見極めが必要だと思いました。 スライドショーであれば他のスライドで説明をカバーできる分は削れます。重…

続きを読む