新人研修2019_21

こんにちは、コジマです。

本日は新人研修26日目。

午前中は情報処理研修を受講して、品質管理について学びました。
テストでは以下の内容が必要であると分かりました。
・実運用に即した環境で行うこと
・テストの網羅性を高めること
・偽らないこと
例えばテストの網羅性が不十分だと、例外的なケースによって障害が発生して大きな損失を発生させてしまう可能性があります。今行っているプログラミング演習でも、テストをする際には網羅性に注意して取り組もうと思いました。

午後は言語演習を行いました。
プログラミングを学び始めて、ただ機能を満たせばいいわけではなく、使う人や後で保守運用する人のことまで考えて書く必要性を感じています。
例えば、下記の内容を意識しています。
・よく使う数値、後で変更する可能性のある数値はdefineで最初に定義する
・初見の人でも処理の内容が分かるようにコメントを丁寧かつ、しつこくない範囲で書く
まだまだ意識すべきことはたくさんあると思うので、本や実務を通じて学んでいこうと思います。

以上です。最後まで読んでいただきありがとうございました。