新人日記2018 No.16(C言語演習)

こんにちは、ムナカタです。 本日は梅雨らしい天気です。 私が配属された課では、主にC言語を用いて業務を行います。今週は、画面を表示するツールに過去のデータを表示するプログラムを完成させた後、画面に表示されたデータの中から1つ選んでデータを更新する処理を作成しました。共通関数という既に用意されたプログラムを利用してプログラムを組み立てていくのですが、共通関数の種類が多く、どれを用いれば良い…

続きを読む

新人日記2018 No.15(Java学習)

こんにちは、ナリタです。 先週、配属がありました。今後は新人3人で、会社内のイベントや出来事を中心に、週1回のペースでローテーションを組みブログを更新させていただきます。よろしくお願いいたします! 私が配属された課では、主にJavaという言語を用いて業務を行います。そこで今週は問題演習を中心にJavaについて学びました。Javaでは新人研修で学んでいたC言語とは異なる文法でプログラミ…

続きを読む

「テクノトランスファー in かわさき」出展のお知らせ

2018年7月11日(水)~13日(金)に「かながわサイエンスパーク」で開催される『テクノトランスファー in かわさき 2018』に出展します。 モバイルアプリ・静脈認証による勤怠管理システム・販売管理システムを展示しますので、ぜひご来場ください。お待ちしております。 【名称】テクノトランスファーinかわさき2018 ―第31回先端技術見本市― 【日程】平成30年7月11日…

続きを読む

新人日記2018 No.14(配属)

こんにちは、イノウエです。 新人研修は昨日で終えました。本日より、私たち新人は各課に配属され、各々OJTに取り組みました。これからより一層精進してまいりたいと思います。 午前は新人研修の続きで、言語演習でした。二次元配列の計算を行いました。九九の表のように、行は人と各教科の最高点、最低点、平均点、受験者数が配置され、列には各教科の得点、合計点、平均点、受験教科数が配置されていました。予め…

続きを読む

新人研修2018_38

こんにちは、ムナカタです。 本日は新人研修41日目、長いようで短く感じる新人研修期間でした。 午前中は、言語演習を行いました。 私は、乱数で発生した4桁の数字を回答して当てるといったプログラムの作成に取り掛かりました。ただ当てるだけとなると、その確率は1/9999となり、当てるまでに時間がかかってしまいます。そこで入力した際、桁と数字が一致していれば「ヒット」、桁は異なっていても数値が…

続きを読む

新人研修2018_37

こんにちは、ナリタです。 本日は新人研修40日目です。 本日は1日を通して、言語演習を行いました。 テキストファイルを読み込んだ後、データを項目ごとに分けつつ、同じ項目のデータはマージする処理を考えていました。フローチャートでの処理をプログラムの処理とくらべると、簡略化されている部分がとても多いです。フローチャートでは簡単に「 = 」で結んでいましたが、プログラミングではmemcp…

続きを読む

新人研修2018_36

こんにちは、イノウエです。 本日は新人研修39日目です。 午前中から15時位にかけて言語演習を行いました。本日はサブ関数を使ってプログラミングを書きました。サブ関数とは、普段使うメイン関数とは別にあります。メイン関数内でサブ関数を呼び出すことで、その関数の処理を行ってくれるものです。じゃんけんを行うプログラムでは、自分の出した手をサブ関数へ送れば、その中でじゃんけんを行ってくれる、そのよ…

続きを読む

新人研修2018_35

こんにちは、ムナカタです。 本日は新人研修38日目です。 午前中はソフトウェア工学を学びました。その中で、特に意識しようと思ったのがプログラムの実務性です。5月31日に新人研修が終わり、私たちの配属が決まります。今後は自分が書いたプログラムをチームの方が手を加えることがあると思います。その時、読みにくいソースコードだと、どういうプログラムなのか理解しにくく、困ってしまいます。お客様からの…

続きを読む

新人研修2018_34

こんにちは、ナリタです。 本日は新人研修37日目です。 午前中はプレゼンテーションの練習を行いました。文章の書き方や文字の配色等、なかなか自分1人では気づけない部分を新人同士で指摘しあうことができました。今回は、プレゼン発表本番前の最後の練習でしたが、まだまだたくさんの改善点があるので、相手にわかりやすく伝えることを意識し、完成度を高めたいと思います。 午後は昨日に引き続き言語演習…

続きを読む

新人研修2018_33

こんにちは、イノウエです。 本日は新人研修36日目です。 午前は論文の書き方について学びました。日刊工業新聞社主催のフレッシャーズ産業論文コンクールに応募するため、それに向けた内容でした。誰が読んでもわかりやすい論文を書くために、主張を読み手に伝え、そして根拠を明確にするといった注意すべきことを皆で意見を出し合いました。それに基づいて、以前の研修で書いた各々の文章を見直しました。指摘され…

続きを読む