新人日記2018 No.9(就労支援事業)

こんにちは、フジイです。
遂に、ついに、花粉症の季節が到来してしまいました。私は特定の花粉にしか反応しないのか、年によって症状に差が出るのですが、今年は早くも症状が出てしまっているので辛い時期になりそうです・・・。集中力が欠けてしまうと仕事にも影響が出ますので、しっかりと対策はしておきたいですね。

本日は、弊社の取り組みの一つである「就労支援事業」についてです。
就労支援とは何かと言うと、働く体験の場を提供することで働く力を少しずつ身に着けてもらい、今後の就職につなげてもらうという支援活動のことです。弊社では、横浜市就労訓練事業支援センターを通して就労支援事業に協力しております。
昨年12月より一名の就労訓練生を受け入れています。週に3日ほど来ていただき、事務作業の補助やプログラミング学習などを行っています。

先日、その訓練生の方と少し話をする機会がありました。その方は、私と年齢も近い方でいろいろな話を聞かせていただきました。就労訓練先には、就労支援センターに認定された企業や団体が何か所もあり、その中から選べるということもお聞きしました。私も確認してみたのですが、認定されている事業所の業種は様々なのですが、介護や障碍者支援といった業種が数多くありました。弊社のような情報系や製造業は珍しいとのことでした。また、1つの事業所の就労支援の期間が終わったら、また別の事業所の就労支援を受けることも可能だそうです。こういった機会に様々な業種を体験できるのは貴重な体験なので、自分のやりがいを見つけやすいと思います。

また、その訓練生の方は、弊社で学んだスキルをしっかりと身につけて今後に生かしたいと言っていました。そういった意味でも多くの職種を見たり体験したりすることは、とても有意義なことなのだと思いました。
私はこういった支援事業のことはあまり知らなかったので、今回のことで多くのことを学ぶことができました。今後は、特に弊社がかかわっているようなことは積極的に知っておきたいと思います。

本日は以上です。