新人日記2016_⑧(若手社員勉強会)

こんにちは!オシダです!約2週間ぶりです!
では、本日のブログをご覧ください!

22日(金)に行われた若手社員勉強会が行われました。
毎年若手社員のみで、何か課題に取り組みます。
今年の課題は、「一つのプログラムを全員で作る」です。
プログラム自体は難しくはないそうなのですが、実際の
プロジェクトと同じように進めるので、良い勉強になる
と聞きました。

大学の授業やゼミで、複数人で一つのものを作って発表する、
ということを何度かしました。
例えば、一人が五人になった時、負担が1/5になるでしょうか?
私はそう思えませんでした。
全員の意見をまとめる人も必要ですし、誰が発表して、誰かが
データを組み合わせるなど、色々なことを決めなければいけません。
学生時代はやる気がある人もいれば、ない人もいるし、調べる
のが苦手な人や、発表するのが嫌な人もいます。
そのため、話し合いが中々進まず、一人でやった方が早かった
のではないかと思う時さえありました。
誰か一人が逃げ出せば、他の人の負担が2/5にも3/5にもなります。
それを気にせず逃げ出す学生もいるでしょう。

しかし、社会人になれば一人一人が責任を持ち、しっかりと役目を
果たさなければいけません。ありきたりかもしれませんが、
「一人はみんなのために、みんなは一人のために」という考えを
持たなければなりません。
これは自分の身を粉にして、人のために頑張ることではなく、
一人一人がやるべきことをやれば、自然と周りの負担も軽くなり、
それがみんなのためになるということだと思います。
全員で協力しあって、全員にとって一番良い方法を見つけていく
ことが大事だと思います。

以上です。